真太郎

ウィキペディアから無料の百科事典

真太郎
生誕 (1983-11-05) 1983年11月5日(40歳)
出身地 日本の旗 日本滋賀県大津市
ジャンル
職業
担当楽器
活動期間 2000年 -
レーベル gr8!records
配偶者 あり
事務所 POWERPLAY MUSIC
共同作業者 UVERworld
著名使用楽器
下記を参照

真太郎(しんたろう、1983年11月5日 - )は、日本ドラマー滋賀県大津市出身。UVERworldのメンバー。既婚者。血液型はO型。

概要[編集]

父が趣味でジャズドラムを嗜んでおり、中学2年の文化祭の時にドラムスを始める[1]

2000年に結成されたUVERworldの前身であるSOUND極ROADに加入[2]2003年に現在のバンド名に改名し、2005年にシングル「D-tecnoLife」でメジャーデビュー

主にドラムス担当だが、レコーディングでは一部楽曲でパーカッションも演奏しているほか[注 1]、5thアルバム『LAST』ではコーラスもクレジット併記されている。

2016年にFuture SEVENで行われた『SONIC ACADEMY FES 2016』に講師として登壇し[3][4]、翌年の2017年に開催された『SONIC ACADEMY FES EX 2017』にも講師として登壇した[5]

自身のルーツとするドラマーにはHi-STANDARDの恒岡章、BACK DROP BOMBの有松益男などを挙げており、主観的に他の人とは違う魅力を感じているという。また、自身の理想とするサウンド像として「キックがデカく、スネアはバシッときて、シンバルはうるさくない。ボトムがしっかり出ている感じ」としている。UVERworldで色々なサウンドやスタイルに対応していく中で楽曲のバリエーションも広がるが、そこだけは大事にしているという。そして自身がUVERworldで難しい楽曲に「the truth」を挙げている[1]

2017年2月12日に一般女性との入籍を発表した[6]

作品[編集]

参加作品[編集]

使用機材[編集]

ドラムセット

  • Pearl MASTERS 6PLY MAPLE
  • dw Collectors Kit
  • SAKAE Maple Prototype kit
  • SAKAE Almighty Maple

電子ドラム

  • Roland V-Drums(打ち込み系の音を専用のハードウェア音源に読み込ませてライブで使用)[8]

シンバル

  • SABIAN(Pearlとセット)
  • PAiSTe(Pearlとセット)
  • Zildjian(SAKAEとセット)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ クレジット表記はされていないが過去のインタビューで言及している。

出典[編集]