ラチェット (楽器)

ウィキペディアから無料の百科事典

ラチェット
プーリームでの使用

ラチェット: ratchet: Ratsche: crécelle: raganellaイディッシュ語: גראַגער‎)は、体鳴楽器のひとつ。ラットルに分類される。打楽器奏者が演奏する。

歯車と、薄い木片などの舌から成る。舌の一方を固定し、他方に歯車を合わせる。歯車が回転すると、歯車の歯が舌をはじき(ラチェット機構)、これによって音がでる。これが継続するため、大きながらがらとした音がする。

全体を手などで保持して、歯車をハンドルで回して音を出すもの(ハンドル式)と、ハンドルをつかんで全体を振り回して音を出すもの(振り回し式)がある。

ユダヤ教プーリームの祭りでよく使われる楽器であり、この祭りでエステル記を読む時に、ハマンの名前を言いながら、この楽器を鳴らして発声をかき消す慣習がある[1]

日本の民芸にも良く似た楽器が見られ、歌舞伎下座音楽にも用いられている。

使用例[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Kaplan, Author Sybil. “Why groggers on Purim?” (英語). 2022年4月30日閲覧。