墨田区

ウィキペディアから無料の百科事典

すみだく
墨田区
東京スカイツリー
墨田区旗 墨田区章
1957年5月15日制定[1]
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 東京都
市町村コード 13107-5
法人番号 6000020131075 ウィキデータを編集
面積 13.77km2
総人口 281,366[編集]
推計人口、2024年3月1日)
人口密度 20,433人/km2
隣接自治体 台東区江戸川区足立区葛飾区江東区中央区荒川区
区の木 サクラ
区の花 ツツジ
墨田区役所
区長 山本亨
所在地 130-0001
東京都墨田区吾妻橋一丁目23番20号
北緯35度42分38秒 東経139度48分05秒 / 北緯35.71069度 東経139.8015度 / 35.71069; 139.8015座標: 北緯35度42分38秒 東経139度48分05秒 / 北緯35.71069度 東経139.8015度 / 35.71069; 139.8015
外部リンク 公式ウェブサイト (日本語)

墨田区位置図

― 区 / ― 市 / ― 町・村


地図
ウィキプロジェクト

墨田区(すみだく)は、東京都区部東部に位置する特別区。西を隅田川、東を荒川および旧中川、北を荒川放水路に囲まれ、南は江東区と接する。

概要[編集]

錦糸町
両国

太平洋戦争後の1947年に旧本所区と旧向島区が合併して誕生した。隅田川、荒川、旧中川と河川に囲まれ、海抜が低い地域である[2]

江戸時代初期においては、江戸市街の東端は隅田川までで、墨田区一帯は隅田川を国境に下総国に属し、の生い茂る湿地帯に農地が散在する江戸の郊外だった[3]。しかし、1657年振袖火事(明暦の大火)をきっかけに江戸の市街地は隅田川以東に拡大し、区南部の本所を中心に武家屋敷町屋代官町奉行などが置かれ、隅田川以東も武蔵国に編入された[3]明治期以降も都市化と工業化が進み、1878年には江戸の市街地だった区南部に本所区が成立し、かつて農村地域だった区北部にも1932年に向島区が成立した[4]。多くの工場が立地し、錦糸町などは工場労働者の街として賑わった。関東大震災で大きな被害を受け、太平洋戦争末期の東京への度重なる空襲市街地は再び廃墟と化したが、戦後復興により住宅と中小企業の工場が建ち並ぶ下町として発展していった[4]。本所は江戸・東京の下町を構成している地域の一つであり、下谷浅草深川と並ぶ、東京下町の外郭をなす。向島は全盛期と比べると衰退してしまったが、東京でも数少ない花街として現在まで続いている。

おいてけ堀」など「本所七不思議」は、昔の墨田区付近が舞台である。また、大相撲が催される両国国技館が立地することでも著名である。押上業平地区では、自立式鉄塔としては世界一のレベルとなる高さ634mの地上デジタル放送用タワー「東京スカイツリー」が2012年5月に開業した。[5] 東京スカイツリーを中心として東京スカイツリータウンが位置しており、観光と防災都市のシンボルにし、世界一の観光都市を目指すという。隅田川の花火大会は江戸時代から続く花火大会であり、毎年多くの見物客を集める。

区名の由来[編集]

区名は、隅田川のの通称「墨堤」から墨を、隅田川から田を採った。なお「墨田」の表記自体は、隅田川の古い別表記の一つでもある。

その他の候補には「隅田区」「吾妻区」「隅田川区」「江東区」などがあった[6]。区名を決めた当時は「隅田区」を推す意見が最も多かったが、当時「隅」という字が当用漢字になかったために使うことができず、さらに、隅田川が法律で正式な名称とされていなかったため、「隅田区」の誕生には至らなかった。[7]

人口[編集]

墨田区と全国の年齢別人口分布(2005年) 墨田区の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 墨田区
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

墨田区(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より


昼夜間人口[編集]

2005年に夜間人口(居住者)は231,092人であるが、区外からの通勤者と通学生および居住者のうちの区内に昼間残留する人口の合計である昼間人口は262,514人で昼は夜の1.136倍の人口になる[8]

  • 世帯数:117,324世帯(2006年10月1日)
  • 外国人登録者数:8,314人(2006年10月1日)

地理[編集]

東京都の東部の区であり、西の区境は隅田川で、対岸は北から足立区台東区中央区である。東の区境は荒川および旧中川で、江戸川区と向かい合う。荒川と隅田川をつなぐ荒川放水路の北は足立区である。このように河川に囲まれたエリアで水の郷百選に選ばれており、区東部は海抜ゼロメートル地帯となっている。このため墨田区はハザードマップで、豪雨や河川氾濫のほか、東京湾高潮を含む水害への警戒を呼び掛けている[9]

歴史[編集]

近世以前

墨田区が成立するまでは、区の北部(旧・向島区)と南部(旧・本所区)では、歴史に大きな違いが見られる。北部では、平安時代ごろには陸地化が進み、中世には荘園制度のもとでは下総国葛西御厨の一角にあり、葛西氏知行地農村地帯として発展を遂げていた。南部では牛島が700年代から放牧地とされていた他はおおむね湿地帯であり、が住むには極めて向かない土地であった。こちらは北部とは異なり、中世では武蔵国江戸氏一族の知行地であった。

近世

江戸中心部が1657年明暦3年)の振袖火事によって焼け野原になったため、災害対策の一環として武家屋敷が当区南部へと移動することとなった。同時に、竪川大横川をはじめとする人工河川(運河)の掘削や南北割下水(わりげすい、現在の北斎通り近辺にあった)、碁盤目状の街路の整備が行われた。

近・現代

1878年明治11年)に北部は東京府南葛飾郡に編入され、南部は東京15区の一つ・本所区として成立するようになる。また、工業化の波が押し寄せることとなり、北部も南部も開発が進んでいくようになった。1894年(明治27年)には、重要な交通手段である総武本線が開業した。このように発展してきたが、1923年大正12年)の関東大震災により、区域の大半が焼失することとなった。特に、元陸軍被服廠跡地(現在の横網町公園など)では、多くの人が避難をしたものの、猛火に遇い、4万人から5万人といわれる多大な焼死者を出した。

やがて、それらによる被害も復興していくようになり、1932年(昭和7年)には、北部に向島区が誕生。1935年昭和10年)の国勢調査人口は、現在の墨田区域(当時の本所区と向島区の合計)で464,892人であり、隣の台東区区域(当時の浅草区下谷区の合計)464,217人と共に、東京で最も人口が集中しているエリアであった。

しかし、第二次世界大戦(特に1945年東京大空襲)により、またもや区内全土は大きく焼失した。1947年(昭和22年)に本所区と向島区が合併して現在の墨田区が誕生した。1963年(昭和38年)までは、町の復興および発展とともに人口が増加して昭和の下町の代表的な存在の街となった[10]。その後は頭打ちとなり減少し始めた。また、町工場も郊外や日本国外への移転などに伴い減少していくこととなった。

1981年(昭和56年)4月1日防災行政無線の運用を開始した。

近年では、これら工場跡地にマンションを建てるなどの開発が進められ、特に2000年(平成12年)以降は人口が大きく増加(回復)している。

2016年平成28年)8月24日より防災行政無線の放送などが変更された。

町名[編集]

墨田区では全区において住居表示の実施が完了している。以下は住居表示実施後の町名と、当該住居表示実施直前の旧町名の一覧である。旧町名の後に「(全)」と注記したもの以外は当該旧町域の一部である。

墨田区役所区民課管内[編集]

墨田区役所区民課管内(18町丁)
町名 住居表示実施年月日 住居表示実施直前町名 備考
吾妻橋あづまばし一丁目 1966年10月1日 吾妻橋1〜3(全)
吾妻橋二丁目 1966年10月1日 吾妻橋1〜3(全)
吾妻橋三丁目 1966年10月1日 吾妻橋1〜3(全)
東駒形ひがしこまがた一丁目 1966年10月1日 東駒形1〜4(全)
東駒形二丁目 1966年10月1日 東駒形1〜4(全)
東駒形三丁目 1966年10月1日 東駒形1〜4(全)
東駒形四丁目 1966年10月1日 東駒形1〜4(全)
本所ほんじょ一丁目 1966年10月1日 厩橋1〜4(全)
本所二丁目 1966年10月1日 厩橋1〜4(全)
本所三丁目 1966年10月1日 厩橋1〜4(全)
本所四丁目 1966年10月1日 厩橋1〜4(全)
石原いしわら一丁目 1966年10月1日 石原町1〜4(全)
石原二丁目 1966年10月1日 石原町1〜4(全)
石原三丁目 1966年10月1日 石原町1〜4(全)
石原四丁目 1966年10月1日 石原町1〜4(全)
亀沢かめざわ一丁目 1966年10月1日 亀沢町1〜4(全)
亀沢二丁目 1966年10月1日 亀沢町1〜4(全)
亀沢三丁目 1966年10月1日 亀沢町1〜4(全)
亀沢四丁目 1966年10月1日 亀沢町1〜4(全)
横網よこあみ一丁目 1966年10月1日 横網(全)
横網二丁目 1966年10月1日 横網(全)

墨田区役所緑出張所管内[編集]

墨田区役所緑出張所管内(14町丁)
町名 町区域新設年月日 住居表示実施年月日 住居表示実施前の町名など 備考
みどり一丁目 1967年5月1日 緑町1-4(全)
緑二丁目 1967年5月1日 緑町1-4(全)
緑三丁目 1967年5月1日 緑町1-4(全)
緑四丁目 1967年5月1日 緑町1-4(全)
両国りょうごく一丁目 1967年5月1日 東両国1-4(全)
両国二丁目 1967年5月1日 東両国1-4(全)
両国三丁目 1967年5月1日 東両国1-4(全)
両国四丁目 1967年5月1日 東両国1-4(全)
立川たてかわ一丁目 1967年7月1日 竪川1-4(全)
立川二丁目 1967年7月1日 竪川1-4(全)
立川三丁目 1967年7月1日 竪川1-4(全)
立川四丁目 1967年7月1日 竪川1-4(全)
千歳ちとせ一丁目 1967年7月1日 千歳町1-3(全)
千歳二丁目 1967年7月1日 千歳町1-3(全)
千歳三丁目 1967年7月1日 千歳町1-3(全)
菊川きくかわ一丁目 1967年5月1日 菊川1-3(全)
菊川二丁目 1967年5月1日 菊川1-3(全)
菊川三丁目 1967年5月1日 菊川1-3(全)

墨田区役所 横川出張所管内[編集]

墨田区役所横川出張所管内(15町丁)
町名 町区域新設年月日 住居表示実施年月日 住居表示実施前の町名など 備考
横川よこかわ一丁目 1967年5月1日 横川橋1〜5(全)、平川橋1
横川二丁目 1967年5月1日 横川橋1〜5(全)、平川橋1
横川三丁目 1967年5月1日 横川橋1〜5(全)、平川橋1
横川四丁目 1967年5月1日 横川橋1〜5(全)、平川橋1
横川五丁目 1967年5月1日 横川橋1〜5(全)、平川橋1
江東橋こうとうばし一丁目 1967年5月1日 江東橋1〜4(全)、柳原町(全)
江東橋二丁目 1967年5月1日 江東橋1〜4(全)、柳原町(全)
江東橋三丁目 1967年5月1日 江東橋1〜4(全)、柳原町(全)
江東橋四丁目 1967年5月1日 江東橋1〜4(全)、柳原町(全)
江東橋五丁目 1967年5月1日 江東橋1〜4(全)、柳原町(全)
錦糸きんし一丁目 1967年5月1日 錦糸町1〜4(全)
錦糸二丁目 1967年5月1日 錦糸町1〜4(全)
錦糸三丁目 1967年5月1日 錦糸町1〜4(全)
錦糸四丁目 1967年5月1日 錦糸町1〜4(全)
太平たいへい一丁目 1967年5月1日 太平町1〜4(全)
太平二丁目 1967年5月1日 太平町1〜4(全)
太平三丁目 1967年5月1日 太平町1〜4(全)
太平四丁目 1967年5月1日 太平町1〜4(全)
業平なりひら一丁目 1967年5月1日 業平橋1〜5(全)、平川橋2〜5(全)、平川橋1
業平二丁目 1967年5月1日 業平橋1〜5(全)、平川橋2〜5(全)、平川橋1
業平三丁目 1967年5月1日 業平橋1〜5(全)、平川橋2〜5(全)、平川橋1
業平四丁目 1967年5月1日 業平橋1〜5(全)、平川橋2〜5(全)、平川橋1
業平五丁目 1967年5月1日 業平橋1〜5(全)、平川橋2〜5(全)、平川橋1

墨田区役所文花出張所管内[編集]

墨田区役所文花出張所管内(25町丁)
町名 町区域新設年月日 住居表示実施年月日 住居表示実施前の町名など 備考
文花ぶんか一丁目 1965年7月1日 吾嬬町西3(全)、吾嬬町西2・4、吾嬬町東1・3・5
文花二丁目 1965年7月1日 吾嬬町西3(全)、吾嬬町西2・4、吾嬬町東1・3・5
文花三丁目 1965年7月1日 吾嬬町西3(全)、吾嬬町西2・4、吾嬬町東1・3・5
立花たちばな一丁目 1966年5月1日 吾嬬町東2・4(全)、吾嬬町東1・3・5・6
立花二丁目 1966年5月1日 吾嬬町東2・4(全)、吾嬬町東1・3・5・6
立花三丁目 1966年5月1日 吾嬬町東2・4(全)、吾嬬町東1・3・5・6
立花四丁目 1966年5月1日 吾嬬町東2・4(全)、吾嬬町東1・3・5・6
立花五丁目 1966年5月1日 吾嬬町東2・4(全)、吾嬬町東1・3・5・6
立花六丁目 1966年5月1日 吾嬬町東2・4(全)、吾嬬町東1・3・5・6
東墨田ひがしすみだ一丁目 1966年5月1日 吾嬬町東7(全)、吾嬬町東6・8
東墨田二丁目 1966年5月1日 吾嬬町東7(全)、吾嬬町東6・8
東墨田三丁目 1966年5月1日 吾嬬町東7(全)、吾嬬町東6・8

墨田区役所墨田二丁目出張所管内[編集]

墨田区役所墨田二丁目出張所管内(20町丁)
町名 町区域新設年月日 住居表示実施年月日 住居表示実施前の町名など 備考
墨田すみだ一丁目 1965年3月1日 隅田町3(全)、隅田町1・2・4、寺島町3・7、吾嬬町西9
墨田二丁目 1965年3月1日 隅田町3(全)、隅田町1・2・4、寺島町3・7、吾嬬町西9
墨田三丁目 1965年3月1日 隅田町3(全)、隅田町1・2・4、寺島町3・7、吾嬬町西9
墨田四丁目 1965年3月1日 隅田町3(全)、隅田町1・2・4、寺島町3・7、吾嬬町西9
墨田五丁目 1965年3月1日 隅田町3(全)、隅田町1・2・4、寺島町3・7、吾嬬町西9
堤通つつみどおり一丁目 1964年7月1日 寺島町3、隅田町1・2 当初は一〜三丁目があった。1978年3月1日、三丁目を二丁目に編入[11]
堤通二丁目 1964年7月1日 寺島町3、隅田町1・2 当初は一〜三丁目があった。1978年3月1日、三丁目を二丁目に編入[11]
八広やひろ一丁目 1965年12月1日 寺島町8(全)、吾嬬町西5〜8(全)、寺島町6、吾嬬町西9、隅田町4
八広二丁目 1965年12月1日 寺島町8(全)、吾嬬町西5〜8(全)、寺島町6、吾嬬町西9、隅田町4
八広三丁目 1965年12月1日 寺島町8(全)、吾嬬町西5〜8(全)、寺島町6、吾嬬町西9、隅田町4
八広四丁目 1965年12月1日 寺島町8(全)、吾嬬町西5〜8(全)、寺島町6、吾嬬町西9、隅田町4
八広五丁目 1965年12月1日 寺島町8(全)、吾嬬町西5〜8(全)、寺島町6、吾嬬町西9、隅田町4
八広六丁目 1965年12月1日 寺島町8(全)、吾嬬町西5〜8(全)、寺島町6、吾嬬町西9、隅田町4

墨田区役所東向島出張所管内[編集]

墨田区役所東向島出張所管内(20町丁)
町名 町区域新設年月日 住居表示実施年月日 住居表示実施前の町名など 備考
東向島ひがしむこうじま一丁目 1965年3月1日 寺島町5(全)、寺島町1・2・6・7、隅田町4
東向島二丁目 1965年3月1日 寺島町5(全)、寺島町1・2・6・7、隅田町4
東向島三丁目 1965年3月1日 寺島町5(全)、寺島町1・2・6・7、隅田町4
東向島四丁目 1965年3月1日 寺島町5(全)、寺島町1・2・6・7、隅田町4
東向島五丁目 1965年3月1日 寺島町5(全)、寺島町1・2・6・7、隅田町4
東向島六丁目 1965年3月1日 寺島町5(全)、寺島町1・2・6・7、隅田町4
向島むこうじま一丁目 1964年7月1日 隅田公園、向島1〜3、向島須崎町、小梅2・3(以上全)、小梅1、向島請地町、寺島町1・2
向島二丁目 1964年7月1日 隅田公園、向島1〜3、向島須崎町、小梅2・3(以上全)、小梅1、向島請地町、寺島町1・2
向島三丁目 1964年7月1日 隅田公園、向島1〜3、向島須崎町、小梅2・3(以上全)、小梅1、向島請地町、寺島町1・2
向島四丁目 1964年7月1日 隅田公園、向島1〜3、向島須崎町、小梅2・3(以上全)、小梅1、向島請地町、寺島町1・2
向島五丁目 1964年7月1日 隅田公園、向島1〜3、向島須崎町、小梅2・3(以上全)、小梅1、向島請地町、寺島町1・2
押上おしあげ一丁目 1964年7月1日 向島中ノ郷町(全)、向島押上町(全)、小梅1、向島請地町、吾嬬町西1・2、寺島町4
押上二丁目 1964年7月1日 向島中ノ郷町(全)、向島押上町(全)、小梅1、向島請地町、吾嬬町西1・2、寺島町4
押上三丁目 1965年7月1日 向島中ノ郷町(全)、向島押上町(全)、小梅1、向島請地町、吾嬬町西1・2、寺島町4
京島きょうじま一丁目 1965年7月1日 寺島町4、吾嬬町西1・4
京島二丁目 1965年7月1日 寺島町4、吾嬬町西1・4
京島三丁目 1965年7月1日 寺島町4、吾嬬町西1・4

北部(旧向島区)[編集]

墨田すみだ
もと隅田町と寺島町。通称「鐘ヶ淵」は鐘紡発祥の地であり、クラシエに社名を変更した現在も鐘紡発祥の地として親しまれている。
堤通つつみどおり
もと隅田町と寺島町。区北西部の隅田川沿い。白鬚東アパート(通称「防災団地」)があり、区内最大規模の防災拠点となっている。
東墨田ひがしすみだ
もと吾嬬町。北側は荒川放水路の土手に面し、東側は旧中川に面している[12]
八広やひろ
もと寺島町と吾嬬町。八広駅。住居表示以前の八つの丁目から現在の八広が成り立つことと、末広がりから町がより一層発展するようにということから名付けられた[13]
東向島ひがしむこうじま
もと寺島町。『濹東綺譚』の舞台。東武博物館所在地。ユートリヤすみだ生涯学習センターは旧向島区役所(旧墨田区第二庁舎)に位置する。
立花たちばな
もと吾嬬町。橘通り商店街。東あずま駅。立花団地は、キャラコ製織東京モスリン紡織工場の跡地が建設省関東地方建設局用地となり、その後に再開発されたものである[14]
文花ぶんか
もと吾嬬町。向島警察署、小村井駅。文教施設が集中していたことと、吾嬬神社の主祭神弟橘姫の立花の花を合わせて「文花」としたと言われている[15]
京島きょうじま
もと寺島町と吾嬬町。東京の「京」と向島の「島」を合わせた名前[16]。近年曳舟駅を中心に大規模な開発が行われている。

中央部(旧本所区・向島区)[編集]

吾妻橋あづまばし
区役所アサヒビール本社ビル、本所吾妻橋駅がある。浅草との間に吾妻橋が架かる。旧名・中之郷。
東駒形ひがしこまがた
地名の由来は駒形橋からだと言われている[17]。駒形は台東区にある。
本所ほんじょ
旧名・厩橋[18]。「厩」の字が当用漢字表に無かったため、住居表示上問題となり大元の地名に。大手日用品・化学品メーカーのライオンの本社ビルがある。
業平なりひら
在原業平に由来。旧名は業平橋・平川橋であり、両者の合成とする説もある。また業平天神社があった場所を小梅業平町と名乗ったことからという説もある[19]
横川よこかわ
江戸城から見ての竪川たてかわに対する横川(大横川)が地名の由来とされる[20]
向島むこうじま
もと小梅町ほか。江戸時代末期、水戸藩御用商人の川崎組が「とら銭」を鋳造した。本所区編入後は本所地区扱い。
押上おしあげ
押上駅、東京スカイツリーおよびとうきょうスカイツリー駅東武鉄道本社の所在地。旧本所区・向島区両者にまたがる。

南部(旧本所区)[編集]

横網よこあみ
両国駅の北側。両国国技館がある。その連想で「横綱」と誤読される事がある。また、国技館の隣には江戸東京博物館がある。第一ホテル両国は旧本所区役所(旧墨田区第一庁舎)に位置する。
両国りょうごく
両国駅の南側。元々は日本橋両国(現:中央区東日本橋)に対して東両国と言った。旧国技館(のちの日大講堂。現在は取り壊されてシティコア)、吉良邸屋敷跡の本所松坂町公園がある。
千歳ちとせ
隣接の相生松井松坂などの名が祝詞につながるところから千歳と命名された[21]江島杉山神社要津寺がある[22]
石原いしわら
蔵前橋通りを中心に、西に清澄通り、東は大横川まである[23]。地名は本所地域では古く、『長禄江戸図』にも本所の地域に「石原」と書かれている[23]
亀沢かめざわ
江川太郎左衛門の江戸屋敷があった[24]。この地域には鉄材・機械・メリヤス関係の店が集中していた[24]
みどり
明暦の本所開拓によって整地された地域である[25]斎藤緑雨は緑町の緑をとって号とした[25]。緑一丁目から四丁目までが設置されている。
立川たてかわ
かつては竪川と表記、江戸城から見て縦になっているため、竪川と名付けられた[26]葛飾北斎の作品『竪川』にあるように、江戸時代は木場に続く材木の町であった[27]元禄赤穂事件において吉良義央を狙った赤穂浪士がこの辺り伝えられる。
菊川きくかわ
区最南部。遠山景元/長谷川宣以の住居跡がある。
太平たいへい
錦糸町駅の北側。錦糸よりも北側。2006年、精工舎跡地に大型商業施設オリナスが完成。隣接して錦糸公園墨田区総合体育館がある。
錦糸きんし
錦糸町駅の北側。商業施設アルカキット錦糸町東武ホテルすみだトリフォニーホールがある。錦糸町と呼ばれる一帯の一部。
江東橋こうとうばし
錦糸町駅の南側。一帯は東京楽天地を中心とした古くからの歓楽街。丸井PARCOなどのデパートが並ぶ。錦糸町と呼ばれる一帯の中心。おいてけ堀(錦糸堀)伝説発祥の地。ラブホテル風俗店などが多く立ち並ぶ。

地域[編集]

各種イベント[編集]

名物[編集]

  • 硝子 - ガラス器・ガラス瓶の製造、ガラス加工(江戸切子他)
  • 言問団子 - 向島にある有名な老舗の和菓子店。外山惠理の実家としても知られている。
  • 長命寺の桜もち - 向島にある長命寺の門前で1717年享保2年)に山本新六が売り始めて以来の名物に。長命寺餅とも。関東地方など近隣エリアでは一般には桜もちといえば、道明寺を使ったものではなくこの長命寺餅の方を指す。

「介護」発祥の地 [編集]

  • 介護」は墨田区内にあるオムツ会社フットマーク株式会社が、日本で初めて公に使用し、商標登録した言葉である。ちなみに、日本で最初にこの言葉が使われたのは、1892年の陸軍軍人傷痍疾病恩給等差例であるとされている。

郵便番号[編集]

市外局番[編集]

  • 墨田区は全域が「03」である。
  • 「03」地域の市内局番は大半が上から2桁目が「6」(36XX、56XX、66XX)となっているが、同じく「6」が使われる江戸川区江東区葛飾区同様に枯渇対策で最近では「8」(38XX、58XX、68XXなど)も割り当てられている。

メディア[編集]

ナンバープレート[編集]

墨田区は、足立ナンバー(東京運輸支局)を割り当てられており、『23区東部』の地域と一致する。

足立ナンバー割り当て地域
  • 台東区・江戸川区・足立区・墨田区・荒川区[28]

名所・旧跡・観光スポット[編集]

両国国技館
江戸東京博物館

名所[編集]

旧跡[編集]

旧安田庭園

公園[編集]

行政[編集]

区長[編集]

  • 区長:山本亨(やまもと とおる)(3期目)
  • 任期:2023年(令和5年)4月27日 - 2027年(令和9年)4月26日[29]

行政機構[編集]

  • 区職員数:1,943人(2013年4月1日)

災害対策[編集]

  • 東京都都市整備局第6回地域危険度測定調査結果(平成20年)によると、震災時の「建物倒壊危険度」では東京都5099丁目の内、墨田区京島二丁目がワースト1位、2位に台東区竜泉三丁目、3位に墨田区墨田三丁目、4位に墨田区東駒形二丁目と墨田区がトップを占めている(ワースト5位から9位は他区)。また、ワーストランキング100地区(丁目)の内、墨田区が22地区を占めており東京都内で墨田区が最も建物倒壊危険度が高いとされている。但し、墨田区全地区が地震に脆弱であるとは言えない。これは、一部地区は戦後に建てられた古くからの木造建築が多く、また建物の密度が高いためとされる。墨田区ではジュピターテレコムに緊急地震速報サービスを発注しており、2008年9月1日より稼働する見込みである。
  • 路地尊 - 地域防災のため、区内各地おもには一言地域でポケットパークなどを設け地下タンクを設置し、雨水を貯めている。防災用水のほか、日常の草木への水遣りにも活用されている[30]
  • 白鬚防災団地 - 震災などで大火発生した場合は建物自体が防火壁となる様に設計させた南北1km以上に渡って連なった高層住宅。火災時は建物開口部はシャッター閉鎖され、建物隙間は壁で塞がれ、屋上から建物冷却のため放水が行われる。

財政[編集]

平成25年度当初予算規模

  • 総額:1,527.13億円
    • 一般会計:1,007.80億円
    • 国民健康保険特別会計:298.68億円
    • 介護保険特別会計:174.03億円
    • 後期高齢者医療特別会計:46.62億円

自治体交流[編集]

日本国内[編集]

日本国外[編集]

その他[編集]

議会[編集]

墨田区議会[編集]

東京都議会[編集]

  • 選挙区:墨田区選挙区
  • 定数:3人
  • 任期:2021年7月23日 - 2025年7月22日
  • 投票日:2021年7月4日
  • 当日有権者数:227,703人
  • 投票率:44.04%
候補者名 当落 年齢 所属党派 新旧別 得票数
成清梨沙子 31 都民ファーストの会 23,455票
川松真一朗 40 自由民主党 19,763票
加藤雅之 56 公明党 19,526票
伊藤大気 42 日本共産党 15,755票
桜井浩之 55 自由民主党 13,386票
大沢昇 56 国民民主党 6,610票

衆議院[編集]

  • 選挙区:東京14区(台東区の一部、墨田区、荒川区
  • 任期:2021年10月31日 - 2025年10月30日
  • 投票日:2021年10月31日
  • 当日有権者数:465,702人
  • 投票率:55.96%
当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 重複
松島みどり 65 自由民主党 108,681票
木村剛司 50 立憲民主党 80,932票
西村恵美 58 日本維新の会 49,517票
梁本和則 58 無所属 5,845票
竹本秀之 65 無所属 3,364票
大塚紀久雄 80 無所属 2,772票

産業[編集]

1909年明治42年)から1937年(昭和12年)にかけて区内に屠畜場があり、木下川(現在の東墨田)地区を中心に、主として豚皮を扱う皮革産業が発展した。豚脂などを扱う油脂産業や動物性油脂を原料とする石鹸産業も盛んで、大正時代には長瀬商店(花王の前身)、ライオン石鹸資生堂ミヨシ石鹸の4大石鹸メーカーが区内に立地した[31]。1985年から、「ものづくりのまち すみだ」の産業と文化をPRするべく、「すみだ3M運動」を展開している[32]

主な事業所[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

  • 区役所最寄り駅:本所吾妻橋駅
東日本旅客鉄道(JR東日本)
JB
JB
総武線各駅停車総武本線
JO
JO
総武快速線
  • 錦糸町駅
京成電鉄
KS
KS
押上線
東武鉄道
TS
TS
伊勢崎線(東武スカイツリーライン)
TS
TS
亀戸線
東京地下鉄(東京メトロ)
Z
Z
半蔵門線
  • 錦糸町駅 - 押上駅
東京都交通局都営地下鉄
A
A
都営浅草線
S
S
都営新宿線
E
E
都営大江戸線
  • 両国駅

路線バス[編集]

コミュニティバス[編集]

2012年3月20日より、東京スカイツリー周辺を中心とし、区内全域を巡回するコミュニティバス「すみだ百景 すみまるくん・すみりんちゃん」を運行している。

  • 墨田区循環バス「すみだ百景 すみまるくん・すみりんちゃん」(京成バスが運行)
    • 南部ルート:押上駅 - 錦糸町駅北口 - 都営両国駅 - 墨田区役所 - 押上駅
    • 北東部ルート:押上駅 - 東あずま駅 - 八広 - 押上駅
    • 北西部ルート:押上駅 - 曳舟文化センター - 鐘ヶ淵駅 - 東京スカイツリータウン - 押上駅

水上バス[編集]

道路[編集]

公共機関[編集]

司法・行政機関[編集]

  • 東京簡易裁判所墨田庁舎(錦糸4-16-7)
  • 東京区検察庁道路交通部墨田分室(東京簡易裁判所墨田庁舎内)
  • 向島労働基準監督署(東向島4-33-13)
  • 墨田公共職業安定所

警察[編集]

警視庁交通執行課墨田分室(東京簡易裁判所墨田庁舎内)
向島警察署(文花3-18-9)
  • 堤通交番
  • 東向島交番
  • 曳舟交番
  • 鐘ヶ淵交番
  • 京島二丁目交番
  • 京島三丁目交番
  • 小村井交番
  • 白鬚橋交番
  • 墨田三丁目交番
  • 八広四丁目交番
  • 四ツ木橋交番
  • 平井橋交番
本所警察署(横川4-8-9)
  • 両国交番
  • 菊川二丁目交番
  • 江東橋交番
  • 錦糸町駅北口交番
  • 錦糸町駅南口交番
  • 横川交番
  • 押上駅前交番
  • 吾妻橋交番
  • 横網交番
  • 言問交番
  • 向島交番
  • 石原三丁目交番

消防[編集]

東京消防庁
  • 本所消防署(横川4-6-6)特別消火中隊救急隊1
    • 緑出張所(緑4-1-8)救急隊1
    • 小梅出張所(向島3-36-12)救急隊無
    • 東駒形出張所(東駒形3-5-8)救急隊1
  • 向島消防署(東向島6-22-3)消防活動二輪部隊・救急隊1
    • 墨田出張所(墨田5-16-2)特別消火中隊・救急隊1
    • 立花出張所(立花5-9-3)救急隊1
  • 本所防災館(横川4-6-6)

主な医療機関[編集]

東京都災害拠点病院[編集]

東京都指定二次救急医療機関[編集]

  • 医療法人社団明人会田島病院(両国2-21-1)
  • 医療法人財団正明会山田記念病院(石原2-20-1)
  • 医療法人社団墨田中央病院(京島3-67-1)
  • 東京都済生会向島病院(八広1-5-10)
  • 医療法人社団仁寿会中村病院(八広2-1-3)
  • 社会福祉法人賛育会賛育会病院(太平3-20-2)
  • 同愛記念病院(横網2-1-11)
  • (東京都災害拠点病院の2病院も含む)

医院・診療所・クリニック[編集]

  • 両国みどりクリニック(緑1-19-9)

図書館[編集]

墨田区内には、墨田区が運営する以下の図書館がある。

  • ひきふね図書館
  • 緑図書館
  • 八広図書館
  • 立花図書館
  • 横川コミュニティ会館図書室
  • 東駒形コミュニティ会館図書室
  • 梅若橋コミュニティ会館図書室

文化施設[編集]

住宅団地[編集]

  • リバーピア吾妻橋周辺地区
  • 錦糸町団地(江東橋 市街地住宅 賃貸70 1961年 現存 譲渡返還)
  • 墨田一丁目第2団地(日建設計・日建ハウジングシステム、東京都、工場跡地再開発)
  • 都営墨田一丁目第2アパート(墨田 1-4)
  • 都営墨田四丁目アパート(墨田 4-19)
  • 都営立花一丁目アパート(立花 1-27)
  • 都営立花三丁目アパート(立花 3-24)
  • 都営立花四丁目アパート(立花 4-30)
  • 都営立花六丁目アパート(立花 6-8)
  • 都営押上二丁目アパート(押上 2-1)
  • 都営横川五丁目アパート(横川 5-2)
  • 都営横川五丁目第2アパート(横川 5-9)
  • 都営業平一丁目アパート(業平 1-7)
  • 都営錦糸一丁目アパート(錦糸 1-17)
  • 都営江東橋四丁目アパート(江東橋 4-30)
  • 都営太平南アパート(太平 14-2)
  • 都営堤通一丁目アパート(堤通 1-16)
  • 都営第2寺島アパート(堤通 1-18)
  • 都営白鬚東アパート(堤通 2-8)
  • 都営東向島五丁目アパート(東向島 5-16)
  • 都営東墨田二丁目アパート(東墨田 2-7)
  • 都営八広三丁目アパート(八広 3-21)
  • 都営八広五丁目アパート(八広 5-10)
  • 都営文花一丁目アパート(文花 1-30)
  • 都営文花一丁目第2アパート(文花 1-32)

教育機関[編集]

大学[編集]

墨田区は大学の誘致および大学相互や地域との連携促進に取り組んでおり、千葉大学と情報経営イノベーション専門職大学の間に公園「キャンパスコモン」を2023年3月12日に開設した[33]

専門学校[編集]

高等学校[編集]

東京都立高等学校
私立高等学校

中学校[編集]

公立中学校
私立中学校

幼小併設校[編集]

墨田区立幼稚園・小学校

小学校[編集]

墨田区立小学校

幼稚園[編集]

墨田区立[編集]

  • 緑幼稚園
  • 柳島幼稚園
  • 菊川幼稚園
  • 立花幼稚園

私立幼稚園[編集]

  • 両国幼稚園
  • 江東区学園幼稚園
  • 本所白百合幼稚園
  • 言問幼稚園
  • 墨田幼稚園
  • あさひ幼稚園
  • 吾妻幼稚園
  • あづま幼稚園
  • 向島文化幼稚園

特別支援学校[編集]

東京都立特別支援学校

出身有名人[編集]

ゆかりの人物[編集]

  • 在原業平 - 平安時代の歌人で、六歌仙の一人。彼の詠んだ「名にしおはゞ いざ言問はん 都鳥 我が思ふ人は ありやなしやと」という句に因んで「言問」という地名が生まれたといわれている。また、墨田区内には彼から名付けられた「業平」という町名もある。
  • 松尾芭蕉 - 江戸時代の俳諧師。本所に居住。
  • 長谷川宣以 - 江戸時代の旗本火付盗賊改役。本所に居住(現在の菊川三丁目)。
  • 遠山景元 - 江戸時代の旗本。江戸北町奉行、南町奉行。本所に居住(現在の菊川三丁目)。
  • 鼠小僧次郎吉 - 江戸時代の大泥棒。回向院に供養塚がある。
  • 葛飾北斎 - 江戸時代の浮世絵師。亀沢で誕生。
  • 四代目鶴屋南北 - 江戸時代の歌舞伎の作者。本所、業平の春慶寺に墓がある。
  • 勝海舟 - 幕末期の政治家。本所亀沢町(現在の両国)で誕生。区立両国公園内に「生誕の地」碑があるほか、墨田区役所裏に銅像がある。
  • 榎本武揚 - 幕末期の政治家。向島に居住。
  • 森鷗外 - 小説家。向島に居住。
  • 芥川龍之介 - 小説家。幼少期から少年期まで両国に、のち向島に居住。
  • 幸田露伴 - 小説家。向島に居住。
  • 堀辰雄 - 小説家。向島に居住。

 

墨田区を舞台とする作品[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 2020年4月1日「専門学校日本スクールオブビジネス21」より校名変更。

出典[編集]

  1. ^ 区史年表資料編 2010, p. 17.
  2. ^ 海抜表示板 墨田区
  3. ^ a b 計画地の歴史 | 東京スカイツリータウン”. www.tokyo-skytreetown.jp. 2021年11月9日閲覧。
  4. ^ a b 区の歴史”. www.city.sumida.lg.jp. 2021年11月9日閲覧。
  5. ^ Bureau, Tokyo Convention & Visitors. “東京スカイツリー&周辺エリアガイド”. 東京の観光公式サイトGO TOKYO. 2024年2月23日閲覧。
  6. ^ 日本経済新聞社・日経BP社. “墨田区と隅田川、「すみ」の表記なぜ違う? 23区に幻の区名|ライフコラム|NIKKEI STYLE”. NIKKEI STYLE. 2021年1月28日閲覧。
  7. ^ 「墨田区」の名称の由来を知りたい”. 墨田区. 2022年8月18日閲覧。
  8. ^ 東京都編集『東京都の昼間人口2005』(平成20年発行)126 - 127頁。国勢調査では年齢不詳のものが東京都だけで16万人いる。上のグラフには年齢不詳のものを含め、昼夜間人口に関しては年齢不詳の人物は数字に入っていないので数字の間に誤差は生じる。
  9. ^ 墨田区水害ハザードマップ(水害への備え)2023年3月20日閲覧
  10. ^ 池田利道『23区格差』(中公新書ラクレ)224頁
  11. ^ a b 墨田区告示 町区域の新設等
  12. ^ 墨田の町々 1980, p. 70.
  13. ^ 墨田の町々 1980, p. 94.
  14. ^ 墨田の町々 1980, p. 48.
  15. ^ 墨田の町々 1980, p. 78.
  16. ^ 墨田の町々 1980, p. 26.
  17. ^ 墨田の町々 1980, p. 66.
  18. ^ 墨田の町々 1980, p. 82.
  19. ^ 墨田の町々 1980, p. 62.
  20. ^ 墨田の町々 1980, p. 102.
  21. ^ 墨田の町々 1980, p. 54.
  22. ^ 墨田の町々 1980, p. 54-57.
  23. ^ a b 墨田の町々 1980, p. 10.
  24. ^ a b 墨田の町々 1980, p. 18.
  25. ^ a b 墨田の町々 1980, p. 86.
  26. ^ 墨田の町々 1980, p. 50.
  27. ^ 墨田の町々 1980, p. 53.
  28. ^ 関東運輸局 東京運輸支局:管轄区域図
  29. ^ 任期満了日(定数)一覧 | 東京都選挙管理委員会”. www.senkyo.metro.tokyo.lg.jp. 2023年5月2日閲覧。
  30. ^ [1] (PDF) [2] (PDF) [3] (PDF) [4] (PDF) [5] (PDF)
  31. ^ 木下川沿革史研究会 編『木下川地区のあゆみ・戦後編』現代企画室、2005年、73-74頁。ISBN 4-7738-0503-X 
  32. ^ 「3M」運動の推進”. www.city.sumida.lg.jp. 墨田区. 2022年5月15日閲覧。
  33. ^ 墨田区 大学と地域の交流空間 12日オープン」『東京新聞』朝刊2023年3月10日(都心面)2023年3月20日閲覧
  34. ^ ボクシング・マガジン編集部 『日本プロボクシング史 世界タイトルマッチで見る50年』 ベースボール・マガジン社、2002年
  35. ^ 『月刊 金融ジャーナル』2014年5月号「地域産業を興す 映画による循環型地域活性化」高橋和勧
  36. ^ 見て終わりではなく、見た後が重要な映画 市民全員参加型の「未来シャッター」 | 共同通信社(OVO オーヴォより)、2015年6月23日記事配信、閲覧
  37. ^ 日本の町工場が映画に込めた未来図「未来シャッター」/一面トップニュース、フジサンケイビジネスアイ、2015年9月2日掲載、閲覧

参考文献[編集]

  • 小島惟孝 執筆,墨田区区長室(広報広聴)編集 『墨田の町々』墨田区区長室(広報広聴)、1980年。 
  • 墨田区 編集 『墨田区史 年表・資料編』墨田区、2010年。 

関連項目[編集]

  • 城東:江戸城の東という意味での東京における広義の城東地区には墨田区も含まれる(旧城東区に限定すれば、現在は江東区の一部になっている)。
  • 墨田区のアート一覧

外部リンク[編集]